20201120

20201120

風が強いため海が荒れている『今日の一枚』。

ここ数日はとても暖かいですが、山の木々はかなり色づいています。

全く持って話はかわりますが、随分前にも記事にしたのですが、あたしが個人的に好きになれない紙巻器

記事を書いた後もJR東日本管内のあちこちの駅でトイレ改修が行われ、あの嫌いな紙巻器が増えて行っていたのですが、先日、ふと気付いたのです。

一番最初にあの嫌いな紙巻器が出現した駅の紙巻器が変わっていることに!

ちょっと写真だと分り難いですが、普通の紙巻器のように芯棒が付いていてトイレットペーパーを支えるタイプに変更(もしかすると改造…?!)されています。

やはり不評だったのか?!

真相が気になる紙巻器のお話でございました。

2件のコメント

  1. がらさん、こんにちは。
    最近は紙巻き器の種類も増えましたね。あれよあれよという間に理解不能なほどの種類になってて、どんな利点があるのでしょうね。
    オーソドックスなのが一番扱い易いです。

  2. kinkachoさん。
    紙巻器、気になって気になってしょうがなくて、今度TOTOの営業さんが来て機会があったら、「あの紙巻器はかわいくないヤツだ!」と直訴しようと思っていたのですが、あたしより先に直訴した人がいたようです(笑)
    今まであの形がずっと消えずに何十年も存在し続けたのは、ちゃんと「使い易い」という理由があったので、おいそれと変えるべきじゃないと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA